美大受験漫画ブルーピリオド。今、美術を学ぶ本当の目的

最近、息子が「ブルーピリオド」という漫画にはまっています。

高校生が美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語で、主人公と仲間たちが「好きなこと」を
支えに未来を目指すストーリー。美術の世界が垣間見える面白い漫画です。

わたしも過去の美大受験を思い出し、(あの頃は倍率高くて難関だった)「白菜とかビール瓶とか石膏とか毎日デッサンしてたなあ」「受験の絵と美大入った後の本質的に向き合う作品は違ったりするんだよな」など懐かしく感じました。

美大に入ってからは課題漬けの毎日でした。

ある時は茶室、ある時は仮面、ある時は2m以上の水墨画・・・テーマが出されるたび、私たちはつくったことがないものをつくっていきます。

4年間、模索しながら自分のこたえをつくり出し、表現することの繰り返し。

この、答えがないものに対して「なんでもつくれるかも」という感覚は、今でも役立ってます。

美術を学ぶ本当の目的

「これからは創造性が大事」と言われている時代ですが、なぜか?

まあ、Art気質な方にとっては「ただ好きだから」「描かざるを得ない何かがあるから」というシンプルなことだったりするのですが、他の面から見ると、

一つのテクノロジーが世界の枠組みをガラッと変えてしまうことも珍しくない不確実性の高い世の中で、「これが正解」とかレールに乗っていれば安泰、ということはほぼ無くなりました。

急激な産業構造の変化の中で、色々なことが起こる人生の中で、「正解を見つける力」よりも
「自分なりのこたえ」をつくる力が問われるようになってきたのです。

わたしは生き方もアート、仕事も暮らしも表現だと感じています。

美術を通して知ってほしいのは、うまいとか下手とか、著名な人が描いたからすごいのだとか
そういうことではなく、好奇心を持って探求し表現するプロセスの中で、「自分なりのこたえ」を
つくる力を身につけること。この力は、生き方にも仕事にも生かせる一生もののスキルです。

美大で仲良しだった友人たち、今はそれぞれ作家、経営者、主婦業+制作、教員、サラリーマン、農業など様々な生業を持っていますが、共通して自分なりに生きる力が高いです。

ただ、専門的に美大に行かなくても、身近なご家庭や子育て、仕事の中で楽しんで磨ける部分もあるんですよ!

こちらについてはまた、お話ししていきたいと思います。
それでは今日も、良い1日を。

 

ヒビノケイコ
(Art of Life研究家、国家資格キャリアコンサルタント

・Art of Lifeプログラム、ご感想・事例はこちら

【2020年11月20日〜2週間限定 2020年ふりかえりのワークシート&動画プレゼント】

2021年、さらに良い変化が起こせますように。
自分に愛のある状態をスタート地点にして今年を終え、一歩踏み出してもらいたい。
そんな思いを込めての、小さなプレゼント。

今なら12月前なのでバタバタせず余裕を持ってふりかえりができます。
「やってみたいな」という方は、メルマガにご登録ください。

ヒビノケイコ
(Art of Life研究家、国家資格キャリアコンサルタント)

【メルマガ登録 特別プレゼント無料講座】
これからの時代を、自分らしく乗り越える3つのレッスン

「いつも目の前の仕事ばかりに追われてる。目の前のことと、未来が繋がらない。

これからの人生の方向性を考え、よくするために、このままでいいんだろうか?」

本当は、もっともっと、自分らしい人生を作っていきたい。

自分を生かした仕事のありかたを探求したい。

暮らしと仕事の引き出しを、カラフルに増やしたい。
でも、時代の変化の大きさに、不安になることも・・・

「どんなことを意識していけばいいのか、教えてくれませんか?」と尋ねられることが増えました。

そんな声にお答えして、 この度、音声講座「これからの時代を自分らしく乗り越えられる3つのレッスン」を制作。メルマガに登録してくださった方に、無料でプレゼントすることにしました。

【無料プレゼントに登録すると、3日間・3つの音声講座が届く!】

メルマガ登録すると、3日間、3つの音声講座が届きます。
(講座は1つ10〜15分程度)

1、これからの時代の準備とは?
2、狭いワクから抜け出す方法
3、人生の物語を紡ぐには

ぜひ、この機会にお申し込みください。

このレッスンを通して、

・これからの時代の前提がわかる

・どんな姿勢で生きるのが一番有効か?自分のためになるか?がわかる

・必ず持っておきたい意識がわかる

・自分を生かし、輝くための選択のヒントがわかる

・「あ、今頭打ちだな」と思った時、自分のワクを広げる方法がわかる

・逆境に負けないために何が必要かがわかる

・キャリアが分断されやすい時代、バラバラになっていく感覚をどうするか?
自分らしく人生を歩むためのヒントがわかる。

 

 

一人でも多くの人がよりよく生きる、小さなきっかけになれば嬉しいです。