心地よいフローをもたらす目標設定のポイントその2

ヒビノケイコです。

Art of Lifeゼミでは、
目標設定のポイントを
10個ほどお伝えしています。

今日は、年始に使える目標設定のポイント
その2をご紹介します。

さあ、年始だし目標を立てよう!という時。

あれも、これも、
思い切ってこれくらい・・・!

はりきって高めに設定しちゃいませんか?

でも、実際取り組もうと思うと、
行動できない。

やる気がなくなる・・・
そんな現象が起こります。

これ、「目標が高すぎる」のが要因です。

「多くのことを達成する人が
最も高い自尊感情を持つのか?」
というと、実はそうではありません。

「自尊感情は成功への
”期待”の割合によって決まる」
ことがわかっています。

(ウィリアム・ジェームズ
アメリカの哲学者・心理学者)

つまり、
目標を高く設定しすぎて
成功体験が少なくなりすぎると
自尊感情は低くなる。

だからこそ
うまくいくポイントは・・・

目標設定の際、
挑戦と自分の能力(スキル)の
バランスが合っているところを狙うこと。

 

「ちょっとがんばればできる!」
と想定できるくらいの設定ですね。

このような設定をして
目標に取り組むことで、

没頭した状態、
心地のよいフローを
体験しながら物事に取り組みやすくなります。

その結果、
良いお仕事ができたり
暮らしがより良くなったり・・・
という現象がもたらされます。

今日のポイント

うまくいくポイントは、
挑戦と自分の能力(スキル)の
バランスが合っているところを狙うこと。

 
目標は「ちょっとがんばればできる!」
と想定できるところに設定しましょう。

いきなりではなく、一歩ずつで十分です。

あなたにとって
素晴らしい一年になりますように。

良いスタートが切れること、
応援しています。

ヒビノケイコ
(Art of Life研究家、国家資格キャリアコンサルタント)

~Art of Lifeゼミ・セッションのご感想~

(会社員 O・R様より)

1、なぜ、講座を受けようと思いましたか?

今まで走り続けてきましたが、
これでいいのかな?と
ライフキャリアの軸を見直したくなり
申し込みました。

2、どんな変化、効果がありましたか?

自分には焦って答えを出そうとする癖が
あることに気づきました。

セッション時、ケイコさんに

「人生やキャリアのことは
焦って答えを出すのはよくない。

大事なことだからこそ様々な方向から検討し、
答えが出るまで自分を待ってあげましょう」

と言われ、ハッとしました。

まだ答えが出ないことは一旦保留にして
目の前でできることをし、

その間に余裕を持った
ライフスタイルへとアドバイスを頂きながら
切り替えていきました。

数ヶ月間のプロセスを経て、
自然と「自分らしい」と思える答え、
大切にしたいものが
見えてきたのが不思議です。

これからの仕事や人生の柱に
なるものだと思っています。

3、もし講座を受けなかったら、
今頃どうなっていたと思いますか?

今までのパターンのままになっていた。

人からは評価されたとしても、
いつまでたっても
心から満足いかないキャリア、
人生になっていたかもしれません。

4、最後にひとこと

粘り強く取り組んできて良かった。
広い視野が持てたことが財産です。

これからも、実践していきます!

・掲載にあたっては、
全て許可をいただいているものです。

なおプライバシー尊重のため、
ご希望の方のお名前はイニシャル、
写真はイメージとなっています。

ご感想をお寄せくださった皆様には、
この場を借りましてお礼申し上げます。