こんなお悩みありませんか?

今後、このままで
いいのかと焦っている

もっと自分を活かして
働きたい

時代の変化が大きく、
複雑でわからない

安心安全な
意見交換の場所が
欲しい

仕事だけに必死になり、
家族との関係・暮らしが
希薄になっている

今までのやり方では
いきづまりそう。
違う視点から物事を見て、
枯渇しない自分になりたい

結婚・妊娠・出産で
変化するタイミングに合わせて
人生を見直したい

誰も教えてくれない、
人生をデザインするための
基礎教養を知りたい

 

 

Art of Life 講座なら

モヤモヤが晴れ、建設的に考えられるようになる 物事の筋道や本質がつかめるように何をするべきかがわかる アート的な視点とプロセスで創造性を発揮し続けられるようになる 自分の才能を活かすヒントが見える。一度きりの人生を思い切り楽しめる 転職、起業、移住など、夢を叶えるアクションにつながる

 

 

Art of Life 講座体系

ライフキャリア=仕事のことだけではありません。
あなたの「生き方」の軸を見つけ、軸とつながった働き方、暮らし方を多角的にRe:デザイン。
これからの人生をよりよいものに。

 
 

独自
プログラム
専門理論・研究に、日本における女性のライフスタイルの特徴とアートの観点をプラス。感性と論理がつながり、わくわく学べます。
個別
最適化
世間のテンプレートを当てはめるのではなく、一人一人の資質、価値観を生かしながら、あなたならではの人生と、あなたを生かした仕事を創造する力を養います。
楽しく
学べる
ヒビノケイコのイラストを使ったワークシートやスライドで、楽しく学べます。副業・スキル・仕事に生かすことができます。
オンライン 全国どこでも、安全に受講でき、家事や仕事で忙しくても自分のペースで受講できます。
根拠がある 講座の考え方はキャリア研究・理論に裏付けされたもの。実践的な内容で変化・効果を感じられます。

 

 

こんな方におススメの講座です

  • 自分の適性に沿って、これからの仕事の方向性を考えたい。
  • 肩の力を抜いて、自分のペースでパフォーマンスを発揮しながら生きていきたい。
  • 仕事だけでなく家庭や自分自身も大事にしたい。
  • 多角的・全体的に人生をデザインしたい。仕事も家庭も自分もあきらめたくない。
  • 枯渇せず、創造的な自分になりたい。

 

 

講師紹介

ヒビノケイコ

ヒビノケイコ

Art of life  研究家・ライフコーチ
国家資格キャリアコンサルタント

~クリエイティブに人生をデザインする~

美大時代より「アートと暮らし」を研究、作家活動。
卒業後、結婚し高知県へ移住。子育てをしながら自然派菓子工房ぽっちり堂・山カフェを起業。執筆・講演を重ねつつ自分らしいライフスタイル・ワークスタイルを探求。
ライフキャリア理論・創造性研究と今までの経験を集約し、自分の人生をデザインしたい人のための”Art of Lifeメソッド”を開発。
現在、「自分の人生をデザインする」ためのオンライン・ライフコーチングと講座、企業研修を行っている。全国からの参加者は20代~40代の女性を中心に、クリエイター、経営者、講師が多く、その他、会社員から地域・NPO関係者まで4,000人を超える。
書籍や雑誌など50本以上のメディアで紹介され、ブログ、FBページ(登録1万人)より口コミが広がる。
全国の大学・地方自治体、省庁関連で講演多数。

【経歴】
日々株式会社 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
京都精華大学芸術学部卒
慶應大学大学院ビジネススクール地域起業家研修修了
著書「山カフェ日記」 美術制作、茶文化研究がライフワーク

ヒビノケイコより
~この講座にかける想い~

わたしがこの講座をつくったのは、私自身の経験が元になっています。
かつて私も、仕事に忙殺されている時期がありました。

でも、ふと立ち止まったときに、仕事ばかりで家庭やプライベートの時間が取れていないこと、
本当は心が満たされていないことに気づき、理想の働き方・生き方を模索していきました。

特に女性は、結婚・出産・子育て・更年期と転機が多くあるのにも関わらず、
暮らし方や働き方をどうシフトさせたら良いのかわからない。
変化に対応できない自分をもどかしく感じたりすることも多いでしょう。

そんな苦しみを抱いている方々、本当は違う生き方をしたい、
と感じているみなさんの想いを叶えるためにArt of Life講座を展開しています。

“自分を生かしながら仕事も、暮らしも、子育ても楽しみたい”

そんなあなたの人生をRe:デザインする。
そのお手伝いをしていきます。

 

 

 

 

Art of Life 入門講座について

Art of Lifeに興味があるけれど、まずは体験してみたい

これからの時代に合ったライフキャリアを紡いでいきたい

自分を生かした生き方・働き方について知りたい

という方に向けたオンライン講座です。

 

いつでも
学べる

人生と仕事が
つながる

自分を生かす
方法がわかる

 

 

- 入門講座(オンライン)概要 -

~これからの時代を自分で泳げる人になる~

1~4各回に振り返りシート付き

1.Art of Lifeとは?(59分)

  • わたしのライフキャリア・ストーリー
  • 仕事という表現
  • キャリアって、そもそも何?
ワークシート)
・自分の中の宝物を知る
・生き方の幅を広げよう
・最低限いくらで暮らせる?
・3つの円で考える仕事づくり

 


2.これからの時代に合ったライフキャリア構築のひみつ(56分)

  • 自分を更新できる人になる
  • 今と昔のキャリア像・成功のとらえ方の違い
  • 価値観・美意識はなぜ大事?
ワークシート)
・今までの足跡を描いてみよう

 


3.創造性を発揮して、持続的に働くには?(41分)

  • 天才たちの創造的なライフスタイル・ワークスタイル
  • 創造性のポイント
ワークシート)
・自分の感覚をつかむ
・自分に合う環境を言語化する

 


4.自分を生かすための7つの力(21分)

  • まずは○○から
  • 若き天才、老練の天才
  • 壁と逆境はチャンス

 
内容
  • 講座(動画)+スライド(PDF)×全4回
    *講座は会員サイト内で半年間いつでも、何回でも視聴可能です
  • 各回に「講座の学びを深め、気づき・発見を促す」ワークシート付き
特典
毎回、限定公開で募集の度にすぐに枠が埋まるArt of Life ゼミへ 優先的にご案内いたします。
料金
通常5~10万円/日で開催している講座を
限定価格=19,800円 にてご提供
 

 

 

Art of Life 関連講座 お客様の声

 


「仕事が好きなのに、ハードで続けていけないかも」だったのが、発想がわいてくるように。無理なく持続的に仕事を続けていけそう。

今までのやり方は、仕事が好きなのにハードすぎて続けていけないかも・・・と思っていました。
そんな時、ケイコさんにワークスタイル・ライフスタイルに対するアドバイスを頂いたことで、暮らしにも仕事にも余白とあそびができ、効率も成果も上がりました。これなら自然と続けていけそうと思えます。いつも、こうあらねばという固定観念から自由になって、自分に合ったやり方を作っていけるのが楽しいです。

(H・Kさん 企画)



転職したいけど、自分はどんな人間で、何が大切なのかわからない。一人で考えても出てこなかったのが、講座で自分にあるもの、大事にしたいものがわかるように。

キャリアの講座で、一番最初に自己尊重の話が出てきたのは意外でした。けれど、長い人生で、予測不可能なことも起こる中、失敗や挫折に出会っても折れずに、自分を活かす方法を探りながら生きていくことが大切で、その土台として自己尊重があるんだなと思いました。

本当の意味で自分を大切にしながら、自分を育てていきたいと思います。この講座に参加する前は、転職したいけど、自分はどんな人間で、何が大切なのかわからない。一人で考えようとしても出てこない・・・と思っていました。参加したあとは大事にしていること、大事にしたいことは、自分の中に確かにある。日々の生活の中でそれらを実践しながら、感じたことや変化をすくいあげていこう。そういう自分を認めてあげようと思うようになりました。

(F・Tさん)



経営者であるけれど、人間として何に一番興味を持って、どうすることが一番好きなのか?自分のコアをみつめる機会に。今回の学びは「あなたにとって大切なものは何?」という自分のコアを見つめる機会となりました。

経営者であるけど、人間として何に一番興味を持って、どうすることが一番好きなのか?「人が人として成長していく」「年を重ねることは、成熟していくこと」「人生の最後をどう迎えるか」私は会社を通して「会社を通過した人たち」コミュニティを通して「関わった人たち」に、自分の経験や言葉で伝えたいと思います。

(西山さん 会社経営者、経営塾講師)



「人生の転機、どうしよう!」が安心して戦略的にとりくめるように
転機に直面して疲れ、焦っていましたが、講座に参加して自分が感じていることは、自然なことなのだと確認でき、安心できました。

今、どのフェーズにいて、これから何と向き合い、何を意識して過ごすのか、ヒントが得られました。論理や戦略に加え、ケイコさんが経験と感性を持って話されることで、すっと心に入ってきます。

転機への戦略ワークで書き出したものを実践してみたところ、効果があり、昇進や職場での大変な局面を乗り越えることができました。

(R・Jさん 教育関連 会社役員)